イソフラボンのサプリを飲もう!バリバリのキャリアウーマンに最適

臨床データも揃っています

きのこ

がんを再発させないために

がんの恐ろしさは、実際に発症した方しかわからないものでしょう。がんは、手術で腫瘍を取り除けば完治と言うわけにはいきません。手術後、退院して普通の生活に戻っても再発のリスクは避けられません。いつまた、がんになるかという不安は、健康体の人には想像もつかないでしょう。しかしそんな闘病生活を乗り越え、強く生きる人も多く、健康体の私たちが逆に勇気づけられることもあります。がんの再発や転移の可能性を下げるためには、免疫力を上げなければなりません。がんを発症したことで、免疫細胞が減少し、逆に免疫抑制細胞が異常に増殖します。この状態では、がん細胞は活発に活動する可能性があります。つまりがんの再発を招きやすい状態にあります。免疫細胞を活性化させることが、再発のリスクを下げることになります。

民間療法ではありません

免疫抑制細胞の働きを弱めると、免疫細胞は再び活性化します。そのカギとなるのが、シイタケ菌糸体に含まれる成分です。シイタケ菌糸体は、この名前の通りシイタケの菌糸の部分があつまったもののことです。このシイタケ菌糸体には、免疫抑制細胞の働きを抑える効果があるというデータがあります。がんの抑制なら、シイタケでなくてもアガリスクや霊茸でも、同じではないかと思われるかもしれませんが、実はシイタケ菌糸体の方がアガリスクや霊茸よりも、より多くの有用成分が入っています。日本の大学病院でも、シイタケ菌糸体を使ってがん治療の臨床実験が行われています。民間療法のようなものではありません。このシイタケ菌糸体のエキスは健康食品として販売されています。エキスの抽出のために、菌糸体を何カ月もかけ栽培しているようです。他の健康食品よりも、値段が高いようですが、それだけの価値はありそうです。